いびき・睡眠障害の治療を行う、中部いびき睡眠障害研究所:岐阜県美濃加茂市
HOME 診療案内 治療法 MAP

挨拶・コラム 睡眠時無呼吸障害とは
検査方法と施設のご案内 (医)岩永耳鼻咽喉科HP

中部いびき睡眠障害研究所は高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの生活習慣病の原因となる
「いびきと睡眠時無呼吸症候群」を専門に診療する施設です。
『いびきをかいてよく眠っている』と云われますが、実はいびきをかいているときは余りよく眠れていないことが多いのです。
脳波を分析してみると、いびきをかいている時は睡眠が浅く、体の疲れがとれるような深い睡眠は得られていません。
さらに、いびきをかく人の2-3割は病的な睡眠時無呼吸をもっています。
この睡眠時無呼吸が高血圧・心筋梗塞・脳硬塞などの生活習慣病の大きな原因のひとつになっています。
中部いびき睡眠障害研究所では、患者さんにとってご自宅と同じ様に快適な空間で検査を行っていただけるように、完全個室、各室独立冷暖房機器、セミダブルベッド、シャワー室をご用意しております。
また、仕事や通学に少しでも影響が出ないように、夜間に入所していただき、早朝検査終了予定としています。
当施設は岩永耳鼻咽喉科に併設するため、睡眠時無呼吸症候群の診断および治療に必要な耳鼻咽喉科的検査は勿論のこと、呼吸機能検査、心電図、CT検査等を施行し、より正確な診断を得られる様日夜努力しています。
睡眠時無呼吸症候群の自己診断テスト
下記の項目に3つ以上「はい」と答えた方は、終夜睡眠ポリグラフを受けられることをお勧めします。
 
1. ほとんど毎晩いびきをかく。 6. よく寝汗をかく。
2. 睡眠中に息が止まると言われる。 7. 目覚めがスッキリしない。
3. 日中によく強い眠気を生じる。 8. 夜中に2回以上排尿に起きる。
4. 肥満がある。 9. しばしば、窒息感で目覚める。
5. 体がだるい。 10. 血圧が高い。
       
  睡眠時無呼吸症候群とは?   終夜睡眠ポリグラフについて
TOPICS
◆メディア情報
2012年9月2日
「なるほどホームドクター(BS-TBS/10:00〜10:50)」、「睡眠時無呼吸症候群について」の当院の取材で院長岩永耕一が出演致しました。